羽毛布団の自宅で洗濯する方法と他にも便利な洗濯方法を紹介します

羽毛布団を洗っていますか?

冬になって恋しくなるふとんと言えば温かくて保湿性バツグンの羽毛布団ですが、寒くなってきて羽毛布団を出すと、羽毛布団から嫌なニオイを感じた事はありませんか?
ふとんを長期に渡り、使い続けているとニオイになれてしまって気が付きませんが、久しぶりに羽毛布団を出したりすると嫌な臭いが気になります
他にもふとんをかけるとくしゃみが出ることや、身体がかゆいと感じる方は1度ふとんを洗濯しましょう
ふとんの洗濯方法は大きく分けて自宅でふとんを丸洗いする方法と業者にふとんのクリーニングを依頼する方法と2種類あります
それぞれの方法とメリット・デメリットを紹介していきます

 

自宅で羽毛布団を丸洗いできるか確認方法

 

最近では自宅で丸洗いできる羽毛布団もたくさん販売されるようになり、自宅で羽毛布団の洗濯にチャレンジする方も増えてきました
その時に必ず確認して頂きたいのがふとんに付いている洗濯表示です
お持ちの羽毛布団が自宅で洗濯できるのか?出来ないのか?確認するために必ずチェックしましょう

 

洗濯表示に水洗いマーク・手洗いマーク・洗濯機マークが記載されていればその洗濯方法で洗濯しても大丈夫ですが、水洗いマークに×が付いている場合は、水洗いが出来ないふとんです
そのふとんを洗濯すると、中の加工が取れてしまうことや、羽毛が固まってしまう等の可能性があるので自分で洗濯せずに、ふとんクリーニング業者に相談が必要になります

羽毛布団を洗濯機で洗う

洗濯機で羽毛布団を洗う場合は、自宅の洗濯機のサイズを確認しましょう
自宅の洗濯機のサイズが5キロ程度の大きさであれば、シングルサイズのふとん洗濯する事が出来ます
自宅の洗濯機のサイズが7キロから8キロ程度であれば、セミダブルの羽毛布団を洗濯することが出来ます
洗濯機の容量以上の羽毛布団を無理矢理入れてしまうと、ふとんの傷みや洗濯機の故障に繋がるのでサイズは守るようにしましょう

 

ふとんを洗濯機に入れるときには寝具用の大きなサイズのネットに入れて洗いましょう
洗剤は液体の中性洗剤(おしゃれ着洗い)がオススメです
普段使用している弱アルカリ性の洗剤の場合は羽毛布団の羽毛が傷んでしまう可能性があります
洗濯機で脱水まで終わったらしっかりとふとんを乾かしましょう
干す時間が少なくなるとカビやニオイの原因にもなるので風通しの良い場所でしっかりと干します

 

羽毛布団を浴槽で洗う

ダブルサイズの掛け布団の場合は洗濯機に入らないのでお風呂場の浴槽を利用して洗濯しましょう
浴槽の半分程度ぬるま湯を入れて洗剤をよく溶かします
その中にふとんを入れて軽く押し洗いすると汚れが出て、水が汚れます手で押し洗いでは上手く力が入らない場合は足で踏んでも良いのですが、あまり力が入りすぎるとふとんを傷める原因にもなるのでやさしく押し洗いしましょう

 

水の汚れが酷くなると水を2・3回交換し、繰り返し洗ってください
洗濯が終わるとふとんを浴槽の淵にひっかけて1時間程度置いておき、水を切りますが洗濯機の脱水とは違い中々乾かないので天気予防で天気の良い日を選んで数日干すように考えましょう

羽毛布団をコインランドリーで洗う方法

羽毛布団を自分で洗濯する方法の最後はコインランドリーで洗う方法です
大型のコインランドリーで洗濯する場合は容量が大きいので洗濯ネットに入れる必要はありません
生地にキルティング加工している場合はそのまま洗濯機に入れても問題ありませんが、羽毛の偏りが気になる場合は紐で巻いてから洗濯機に入れると防ぐことが出来ます

 

コインランドリーの洗濯機の大きさは何種類かありますが、ふとんに対してあまりに容量が大きい洗濯機で洗濯してしまうと浴槽でふとんが暴れてしまって洗濯機が停止してしまうこともあるので、洗濯機の浴槽の9割がふとんで埋まるサイズの洗濯機を選びましょう
容量が大きい場合はふとんを何枚か入れても大丈夫です

 

洗剤は同じく中性洗剤を使用し洗濯が終わると乾燥機に入れます
乾燥機は容量が大きいものを使用し、余裕をもって乾燥しましょう
ふとんが乾燥機の容量の3割を超えないようにしないと乾燥にムラが出来てしまうことがあります

 

宅配クリーニングに依頼する方法

羽毛布団を自分で洗濯するのは心配な方は宅配クリーニングがオススメです
洗濯から乾燥まで洗濯のプロが丁寧にクリーニングして貰えます
依頼すると自宅に集荷キットが届き宅配業者に渡すだけでクリーニングが終わると自宅に届けてくれるのでとても便利です
宅配クリーニング業者にはオフシーズンの間ふとんを保管してくれるサービスもあるので合わせて利用しましょう