ふとんのオフシーズン間の管理方法ってどうするの?

ふとんの保管方法は?

寒い冬の間暖めてくれたふとんも春を迎え気温が上がってくるとすぐにでも片づけたくなりますよね
ですが、冬布団は厚みがあり、かさばるので片付ける場所を確保するのも大変で押し入れを整理してふとんを保管する場所を作らないといけない方も多いでしょう
それに、冬の間に新しい寝具を購入して保管する場所が無い方もいますそこでふとんの収納によくある悩みや上手な保管方法を紹介します

ふとんの基本的な収納方法

綿布団

綿布団は吸湿性・保温性・復元力が高いのが特徴ですが、湿気を吸いやすいので長期間収納する前には必ず天日干しする必要があります
天日干しした後は、通気性のあるふとん袋に入れ、押し入れに収納する場合は押し入れの上段に保管しましょう
湿気は床に近い部分にたまるので押し入れの下段に入れるのは避けましょう
収納スペースが無い場合、綿布団は圧縮袋で圧縮しても大丈夫です

 

羽毛布団

羽毛布団を収納する場合はなにより通気性が大切です
購入したときに入っているビニール袋を利用する方もいますがビニール袋に入れて保管するとふとんが蒸れてしまいます
通気性の高い綿や不織布の羽毛布団専用袋で収納しましょう
また、羽毛布団に圧縮袋はNGです
羽毛布団を圧縮袋で圧縮すると羽毛が傷むだけで無くボリュームももとに戻らなくなりシワシワになってしまうので圧縮袋は避けましょう

ふとんの乾燥について

綿のふとんでも羽毛布団でも収納する前にはしっかりと乾かすことが大切です
ふとんが吸った水分を飛ばすだけで無くダニやカビやニオイ対策にもなります
乾燥方法は天日干しと乾燥機の2種類があります

 

天日干し

日当たりの良い場所にふとんを広げて干しましょう
干す時間は天気の良い日に表と裏それぞれ1時間程度は干すようにしましょう
長時間太陽にさらしすぎるとふとんの生地が傷んでしまったりホコリや花粉が付いてしまったりの原因にもなりますし、これらが気になる場合は花粉やホコリを付きにくくする天日干しカバーを使用するのもいいです
ふとんを天日干しするとふとんを叩きたくなりますが、叩くのはやめましょう
生地が傷むだけで無く綿布団の場合は中綿が切れてしまったり、羽毛布団の場合は中の羽根が飛び出てしまう原因にもなります

 

ふとん乾燥機

ふとん乾燥機はふとんを乾かすだけで無く効率的にダニを退治することが出来ます
ダニは50度以上の状態を30分維持すれば退治できます
ですが、70度以上の高温になるとふとんを傷めてしまうので温度の設定には気を付けましょう

収納する前にしないといけないこと

冬布団を収納する前に乾燥以外にも以下の準備をしましょう

 

  • ふとんカバーを洗濯
  • ふとん専用掃除機で布団の中に居るダニの死骸やホコリを吸い取る
  • 押し入れなどの収納場所の扉をひらき押し入れの中の湿気を飛ばしておく
  • 収納場所に防カビ・防湿・防臭シートなど準備をする

 

理想的な収納環境

 

ふとんを収納するときに理想的な収納環境は「湿気が無い場所」で、定期的に扉を開いて空気の入れ換えが必要になります
さらに、狭い場所に収納するとふとんが潰れ湿気が溜まりやすくなるので十分にスペースがある場所に保管する必要があります

宅配クリーニング業者のオプションで保管サービスも便利

宅配クリーニング業者の「洗濯倉庫」さんではふとんの保管サービスが有料のオプションであります
最長で9ヶ月間保管してくれるサービスでもちろん専門家の業者なので保管方法も安心してご利用できます
ふとんの保管価格は2点パックで2000円〜3点パックで3000円〜でご利用できます
シーズン最終のクリーニングを依頼し、そこから保管サービスを利用すれば、次のシーズンに綺麗になったふとんを届けて貰うだけで自宅の収納スペースも必要なく広々とスペースを活用することが出来ます